スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステキなお通夜の礼状≪かみや姫≫

 今日は19時から通夜へ行ってきました。
 同じ子ども会の役をやっている方のご主人が病気で亡くなられたからです。
 中1と小4の子どもさんを残し、49歳の若さでの死なので、同じ年頃の子を持つ親としては、他人事とは思えず、皆、涙があふれてきます。自営業をされていることもあり、大勢の方が参列されていました。 
 そんな中、家に帰って、礼状をあけると、びっくりしました。いつものありきたりの文面ではなく、故人との思い出が綴られているステキな文章で、ジーンと心に染みました。
 病気で覚悟をしていたとは言え、こんな自分の言葉での礼状は初めてです。

 2007年に先代の義母・芳子が亡くなった時、急遽、写真を集めてコーナーに飾ったことがあり、その反省もこめて、今はそろそろ、自分の老い支度にアルバム等の整理をしているところです。それから、箪笥一棹分の着物の整理。
 以前にもお話した名古屋の交通のマナーの悪さに、車での納品中は、ヒヤヒヤしどうしです。東海地震もいつ来るのか?……。いつ、何があってもいいように、身辺整理をと思いつつ、中々捨てられない品々。
 自分史はなかなか書けそうにないけれど、お勧めです。

 明日は子ども会の代表として、葬儀にも参列の予定です。

 当社にも、個人で、葬儀の挨拶状の印刷を頼まれることがあり、見本帳があります。たいてい、葬儀会館で一式作ってもらいますが、後に礼状を出したい方もいらっしゃいます。けっこう色々種類があり、結婚式のように、生前、考える事も今の時代に適しているかもしれません。
 近いうちに、見本帳を載せたいものです。
スポンサーサイト
プロフィール

asahiprint

Author:asahiprint
朝日プリントブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。